さろん木々イベント

滋賀県 比良山荘で、鮎を堪能しました-①

コメント(4)

2011.07.15

滋賀県は、本当に食の宝庫です。
京都の食を支えているのは、間違いなく、滋賀県の力です。

お値段も、京都ほど高くないので、充分に美味しい物を堪能出来ます。
こちら「比良山荘」もそうです。
京都市内からも、1時間弱。
JR堅田からも、タクシーで30分。
実は、遠くないんです。

1度来たら、癖になりますよ、「比良山荘」は。




▲この日はさろん木々の会員の皆様と、12人でバスをチャーターして、出かけました。待ち合わせは、京都市役所前。ここからは、1時間弱です。ちょうどいい感じの遠足です。
 


▲「比良山荘」 
滋賀県大津市葛川坊村94 
077-599-2058 
山の中なので、涼しいのかと思いきや・・・、バスを降りた途端、ジリジリと肌が焼けるのがわかるほど、強烈な日差し!
 


▲こちらは、春は山菜・夏は鮎・秋は松茸・冬には猪や熊がいただけることで、有名なお店です。食事だけではなく、宿泊も出来ます。



▲水の流れは、涼しさを感じます。
 


▲お店の前を流れるせせらぎには、ビールがどかんとカートンで、冷やされています。何だか懐かしいです、こういう光景。実際に手をつけてみたら、ひんやり気持ちよかったなぁ。
 


▲私達が、通された2階のお部屋です。



▲今の時季は、山の辺会席に加え、鮎食べコースもあります。こちらはなんと、鮎が7尾もついています。この日は、鮎ばかりというのもなんなので、会席コースです。先ずはビールで乾杯です。乾いた喉には、なんたってビールです。
 


▲「今回は、どんなお料理をいただけるのでしょうか?」期待が膨らみます。まずは、クサフジが飾られた籠が、運ばれてきました。涼しげです。
 


▲蓋を開ければ、様々な物が盛られています。炊いた小魚・鮎のなれ寿司・山椒入りのごはんが詰まった茗荷寿司・炊いた青梅などなど・・・



▲ギンギンに冷えた青竹には、お酒が入っています。さらりと美味しい「立山」をいただきます。
 


▲酒豪揃いのメンバーです。当然このような光景になります。
 


▲お造りは、鯉のあらいです。こちらのは、本当に食べやすいかと思います。私は子供の頃から好きなので、全然気にもならないのですが、川魚が苦手な方は、匂いがダメだとか。こちらの鯉は、外の池で、しっかり泥を吐かせているので、そんなことは全くありません。酢味噌で、あらいならではの美味しさを堪能します。



▲小さなお椀は、早松と蓴菜です。搾った酢橘の酸味と香りが爽やかです。
 


▲ここで、木箱に入って鮎が登場です。演出も又ご馳走ですね。お酒は、「鮎に負けないように」と、ご主人が「月山」の限定酒にしてくださいました。
 


▲コースには、鮎の塩焼きは3尾です。実は1尾、あらかじめ別に追加注文しておきました。ですからこの日は4尾も、堪能しました。



▲お鍋が運ばれてきましたよ。「この日はいただけるのかぁ?」と期待はしていたものの・・・、嬉しい!熊鍋です。熊は獲れた時に、冷凍保存。(らしいです)量に限りがあるもので、なくなった時点で、終了です。ですからこの日も、わからなかったんです。
 


▲ご覧の通り、すごい脂身です。ですがこれが、ちっとも脂臭くない、甘くて美味しいんです。汁も甘めの醤油仕立てです。
 


▲池には、さきほどいただいてしまった鯉たちが、泳いでいます。
この後も、美味しい物をいただき続けました。②をお楽しみに。

 


コメント

  1. aki

    熊鍋も出たんですね。
    他の予定を変更してでも参加すればよかったです。
    残念です。
    次回、熊鍋が確実にある時期に企画してください。

  2. ご無沙汰しております。「きよみず」のことで、いつぞやコメントさせて頂きました。美味しい記事が楽しみで、ときどき拝見させていただいておりました。
    比良山荘、ほんとうにいいお宿ですね。小生も大ファンです。大人数でのお食事、楽しかったでしょうね。ちょうど10日ほど前に行ってきました。鮎も熊も美味しかったです。この季節に比良山荘の鮎を頂くと、、、、、、幸せすぎて!!! 偶然に夕食後の蛍も楽しむことができました。
    また、美味しい記事、楽しみにしております。
    暑さ厳しき折、くれぐれもお身体ご自愛ください。

  3. さなえ

    akioさん
    本当にそうでしたね。
    とても楽しい1日でした。

  4. さなえ

    とんぼさん
    お久しぶりです(#^.^#)
    今回は2度目でしたが、それぞれ異なる楽しみがありました。
    期待以上に楽しめます。
    こうなると全季節、行ってみたくなるものですね。
    ホタルもさぞ美しかったことでしょう。
    見て見たかったです。

* が付いている欄は必須項目です

ページトップへ