さろん木々イベント

今回も、美味しすぎましたし、ご主人様のすばらしさを感じずにはいられませんでした

コメント(0)

2016.11.30

皆様がとても楽しみにしている「国分寺 都寿司」さんでのイベント。お店は住宅街にある上に、全くの個人宅。看板もありません。知らないとかなり行くにくいお店です。

「国分寺 都寿司」  東京都国分寺市東恋ヶ窪3-3-1

今回は、こちらのお酒で乾杯です。「紀土」の大吟醸
DSC_0889_R先付けは、宮城の天然牡蠣です。養殖ものと異なり、動き回っている為、色々な水を飲んでいて癖がない物とのこと。手前は生。奥は煮蛤と同じ方法で火入れしてあります。どちらも、ご主人のおっしゃる通りのお味。

DSC_0891_R美味しい物をいただくと、お酒の進みが早い・・・。限定生酒の「雪の茅舎」

DSC_0893_Rおつまみ2種。1つ目はこちら。金沢の甲箱蟹です。蟹の話になり、東京湾揚がりの上海蟹も美味しいと知りました。ムール貝もだそうです。

DSC_0895_Rそして、とにかく絶品でした、これ。白子です。活き物の鱈を市場で捌いて取り出した白子とのこと。まろやかで癖がなくトロリとしていて、普段の物とは、味が違う気がしました。ポン酢も又すごい。2年寝かした酢を使って作り、それを寝かした物。あまりのことに全部、飲んでしまいましたよ。

DSC_0897_R

いよいよ、お寿司になります。今回初参加の方がいらっしゃいました。ここで、おはしか手?どちらでお寿司を食べるか?ご主人様はお聞きになられました。それにより、にぎりの具合も変えられるのです。とにかく観察力がすごい方です。誰がどんな食べ方をしているのか、熟知されています。全員当たっているのですから、本当にすごい!と思います。全員が美味しさを同じに感じるようにと、しゃりの大きさや握る固さなど、1人1人、全部違うのです。

DSC_0908_R

DSC_0911_R

 

DSC_0920_R

DSC_0921_Rこの日のお寿司。1週間ねかせたヒラメは、昆布で〆直しています。そしてなんとエンガワがのっているんです。→墨烏賊→さより→〆鯖→づけは、大間の鮪の「かのこ」3柵しか取れない部位です。→とろ→こはだ→車海老→赤貝→いくら→雲丹→穴子→玉子→玉子巻。

161127イベント(国分寺 都寿司)2_Rお酒は「新政」そして「老亀」

DSC_0899_R

 

DSC_0946_R私達がどんなくだらない質問をしても、真剣に答えてくださるご主人様です。とてもお話しやすくて、為になります。驚く事ばかりですが、本当に楽しいのです。

お菓子は出してくださったものに加え、京都のお土産。

DSC_0972_R

DSC_0973_R


* が付いている欄は必須項目です

ページトップへ