さろん木々イベント

自分で捌くのも又、楽しい作業でした

コメントは受け付けていません。

2016.11.11

びっくり!斉藤さん、骨折されていました。(10月初めのことです)本来ならお休みされてもいいくらいのお怪我。何も連絡もなかったので、知らないままに伺いました。楽しみにしていらっしゃるお客様に、迷惑はかけられない、という斉藤さんの心意気を感じました。

DSC_5179_R

DSC_5180_R

とはいえ、出来ない仕事もあるわけで、 「祇園さ々木」さんから、心強い助っ人、庵軒さんが来ていらっしゃいました。ここで会おうとは、びっくり!

DSC_5181_R中華風のカツオのたたきです。揚げてあります。

DSC_5183_Rお酒がすすんんでしまう、美味しさ。

DSC_5185_R

出来立てをいただきます。皮つき豚バラ肉の塩焼きは、絶品です!

DSC_5186_Rここで出てきたのは、こんなセット。いつもは、綺麗に捌かれて出て来る蟹ですが、どうやらこれは・・・

DSC_5188_Rお~!丸のまんま1匹、ドカンとお皿に。これも、いいですねぇ。

DSC_5189_R

 斉藤さんがお元気だったら、体験出来なかったことです。恐縮しておられましたが、私は、嬉しかったかも。

DSC_5192_R足をまずは全部切って・・・。隣りの会員さん、捌きにかかりました。

DSC_5196_R

DSC_5199_R甲羅を外すと、ミソが現れました。

DSC_5200_R

DSC_5201_R身をそのまんま、チューチューするもよし。ビーフンと合わせるのも、良し!これ、美味しすぎます。

DSC_5204_R生姜がいい香りのワンタンスープです。さすがに包むのは、全く出来ないそうで、庵軒さん、やったそうです。国産松茸、入っています。

DSC_5206_R

 

 

そしてフカヒレの上湯煮込み。金華ハムのスープが、抜群の美味しさです。

DSC_5210_R酢橘をキュと搾っていただく、アワビの肝和えそばです。これはもう、安定の美味しさですね。

DSC_5212_R河内鴨の北京ダッグ風。山椒が効いてます。

DSC_5213_R

 

DSC_5215_R小さいポーションでの担担麺。どんなにお腹がきつくても、麺ははずせません。

DSC_5216_R最後は、杏仁豆腐で、大満足。

DSC_5218_Rお辛いでしょうに、頑張ってくださった斉藤さんに、感謝です。本当に大変だったと思います。それを支えるしのちゃんと、庵軒さんも又、いつも以上に気を遣い、これまた大変だったと思われます。私達はいつもとなんら変わらず、美味しく楽しい時間を過ごさせていただきました。1日も早い回復を、お祈り申し上げます。


ページトップへ