行ってきました

旧インドシナ領料理を楽しみました

コメント(0)

2020.02.04

お誘いを受けて行ってきました。この日飲み物は、1人1本。持ち込みです。

DSCF4709_R

旧インドネシア領(ラオス カンボジア ベトナム)の料理が楽しめます。それも、レストランでいただけるような物ではなく、素朴な家庭料理です。なかなか経験のできない、貴重な時間でした。

食べたことのないような物ばかりで、楽しすぎです。べトナム北の料理。川海老と豚肉の煮込み。甘味は、焦がしたパームシュガーです。DSCF4712_R

 

調理器具が、楽しいです。可愛らしくて、みんな欲しくなります。

こちらは、ラオス北部の生魚と葉物の和え物。ディルやミント、芹などが使われています。魚醬・フルーティーな山椒の実、炒ったもち米が使われています。さっぱりとしていて、いくらでも食べられてしまいます。DSCF4713_R

バナナの皮に包まれているのは?インドシナの旧正月などで食べるらしい、もち米の蒸し物です。DSCF4710_R

 

DSCF4715_R

緑豆・豚の脂身が具にがなっています。DSCF4716_R

 

 

レモングラスに包まれている、面白い料理。つくねかな。香りを移して焼いたもの。DSCF4718_R

写真、失敗でした。海老とカニの蒸し物です。モズクガニ2匹とガザミが入ってます。DSCF4719_R

DSCF4720_R

蓮の葉に包まれた蒸し物です。DSCF4721_R

開くと、こんなんです。DSCF4723_R

DSCF4724_R

スケトウダラの卵と茄子と穂紫蘇の和え物。見た目がグジャとした料理。レストラン向きではないですね。ラオス南部の料理。DSCF4725_R

ラオス中部の青菜をすりつぶしたものがベースの汁物です。筍・かぼちゃ・むかご・木耳が入ってます。DSCF4726_R

DSCF4727_R

IMG_5316


関連する記事

2008.02.12

K家

* が付いている欄は必須項目です

ページトップへ