行ってきました

楽しくて仕方ない、柳屋さんへ

コメント(0)

2018.02.12

岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
TEL:0572-65-2102

何度行っても、楽しすぎる岐阜の「柳屋」さん。名古屋駅から中央本線の瑞浪駅まで。後は、お店の車がお迎えに来てくださいますので、簡単に行くことが出来ます。この日は、8人で楽しんできましたよ。

お部屋は全て個室です。人数により仕切られています。そしてこのように、囲炉裏があります。
DSC_4737_R

飲み物は、いつもお任せしています。この日は、これからスタートしました。

DSC_4739_R

お肉は、つきっきりで焼いてくださるスタイルです。72年前にお父様が始められて今に至るまでのこととか、食材の仕入れのことやら。今回は、ほぼずっと色々なお話しを聞きながらの楽しい時間でした。

串に刺さっているのは、鴨と葱。使われているのは、身が繊細で味に凝縮感のあるオアナガガモです。マガモより、実は美味しいそうです。

DSC_4743_R はしやすめの この何気ない大根のパリパリ感がいいんです。右は、ハチノコの炊いたの。甘辛くて、こちらも美味。

DSC_4744_R

焼き加減が絶妙だからこその、美味しさです。

DSC_4746_R

DSC_4747_R

イノシシです。「今日のは、最高」とのこと。こちらが初めての友人が、この脂身の多さに少々ビビッタのですが・・・

DSC_4748_R

遠赤外線でまず焼いてから、直火で焼きあげる、こちらのお店の焼き方です。

DSC_4752_R

DSC_4756_R脂身はカリカリに焼き上げられ、驚くほど美味しくなっていて、ビビッていたのが嘘のように、友人達「美味しい!」とびっくりしていましたよ。食べたことがないと想像出来ないかもしれませんが、猪はむしろ脂身の処が美味しんですから。

DSC_4758_R

今回は鴨が何種かあり、私達にはその見た目の違いがわからない・・・。ということで、図鑑も見せていただきました。

DSC_4759_R

DSC_4761_R柚子胡椒でいただく鹿。

DSC_4763_Rあんよ付きの仔鴨です。足は、輸入品ではないことの印とか。鴨の中で1番美味しいそうです。1番上には、ささみが刺してあります。

DSC_4765_R右側から食べていき、最後は味の濃いところを山葵でいただきます。

DSC_4767_R具沢山の鴨のお鍋。

DSC_4768_R

DSC_4770_Rとろろごはん。美味しい~、まだまだ食べたいのはやまやまですが、結構食べたり飲んだりしているもので、残念、そうは食べられません。

DSC_4772_R

DSC_4774_Rこの日楽しんでのは、これら。

DSC_4777_Rお店を出ると、雪がちらほら。積もることはあまりないそうですが、いい風情です。

DSC_4783_R参加したみんなが、本当によかったと、喜んでくれましたよ。


関連する記事

* が付いている欄は必須項目です

ページトップへ